合成樹脂タイルを補強する3つの方法

合成樹脂タイルを補強する3つの方法

合成樹脂タイルは、主に装飾要件の高い住宅用に使用されており、他の素材と比較して耐候性、耐食性が強く、耐用年数が非常に長いことから造られています。業界のほとんどの人々に認められています。どのような状況で屋根に合成樹脂タイル補強が必要ですか?
事例1:住宅地などの建築物は、地震の多い地域や強風の多い地域に建設されることが想定されます。自然災害が多く、ある程度の風合いがありうる地域では、屋根を補強するための合成樹脂タイルが必要です。お使いになること
事例2:屋根の傾斜が50度を超える場合を想定しており、この場合、合成樹脂タイルの使用も補強が必要です。使用すること
ケース3:コーニス、側溝、屋根の側面にある波形タイルも適切に補強する必要があります。屋根を適切に補強することで、合成樹脂タイルの寿命を延ばすことができ、安全性を高めることができます。合成樹脂タイルを使用する場合は、アドレス領域の特性を考慮し、この領域の特性に応じて合成樹脂を使用するかどうかを選択してください。タイルは補強されています。使用すること
合成樹脂タイル屋根の外観が不均一になる理由は次のとおりです。
樹脂タイルの凹凸の原因を理解した上で、それを維持し、これらの予防策を講じて凹凸を防止する必要があります。使用すること
合成樹脂タイルを補強する3つの方法
合成樹脂タイルを補強する3つの方法

1.合成樹脂タイルには、Kunbao樹脂タイルなどの高品質のプレートを使用する必要があります。使用すること
2.キールは真っ直ぐで、誤解されるべきではなく、横方向に横断面を貫通する結節性瘢痕があるはずです。使用すること
3.樹脂タイル設備の方法は、設計の高さに応じて、周囲の壁に水平にする必要があります。釘を打つときは、周囲の線が優先されます。水平線に接続されたアーチの高さは、部屋の短いスパンの1/200になります。 。使用すること
4.樹脂タイルは、国家標準3.0mm、母屋距離660mを使用する必要があります。
PMT-The revolutionaries and leader in the plastic machinery tech. Visit us: http://en.plastic-machinery-tech.com https://t.me/PMTGlobal

Comments

Popular Posts